600キロ

2017/10/17

田舎に帰って連れに会う。
飲みにいってカラオケいっていろいろ話した。徹夜覚悟だったがとにかく雪がすごく、夜2時頃解散した。
翌日の夜にはもう川崎に着き、そして友達からメールが届いていた。久しぶりに3人揃って楽しかった、また帰る時は連絡くれ、という内容だった。
いまは600キロ離れていようが海外にいようがすぐに連絡がとれる、コミュニケーションがはかられる。その気になればテレビ電話で相手の顔をみながら話もできる。
この時代に生まれてよかったと思った。